幸せブログ ~離婚を経て、これから大切にしたいこと~

資格のための勉強をしながら思うこと

現在、私は資格取得に向けて勉強中です。
取ろうとしている資格は、
「行政書士」
「夫婦カウンセラー」
の2つです。

 

なぜこの2つなのか。
・自分が離婚を経験したこと
・離婚にあたり、公正証書の作成や、遺言書の書き方で苦労したこと。
・私の周りの大切な友人が離婚をしたこと

 

これらの経験から、

 

離婚経験者の力になりたい

 

と強く思ったことから、そのためにこの2つの資格を取ろうと決めました。

 

ちなみに、それぞれの資格取得の条件ですが、
・行政書士書士は年に1回、11月の試験で300点中180点以上を取れば合格です。誰でも受験することができますが、合格率は10%前後と難易度は高めです。
・夫婦カウンセラーは、所定のテキストを読み、DVDを視聴したうえで、添削問題を全て提出すれば取得することができます。

 

ということで、それぞれ取得条件、難易度は違います。

 

夫婦カウンセラーなどは、テキストを読みながら解答することができるので、全く問題なく取れる資格です。
裏を返せば、資格を取っただけですぐに夫婦のカウンセリングがばっちりできるわけではないということです。

 

行政書士試験だってそうです。資格の難易度は高いかもしれないが、それでも資格を取ったところで、実務上はほとんど役に立たないでしょう。

 

現に、どちらもまだ勉強中の段階ではあるものの、これらで生計を成り立たせるイメージが今は持てていません(苦笑)。
私は法学部出身でも心理学部出身でもありません。
また、ずっと経理系の事務職をしていたので、実務上も法的知識や心理学的知識が必要だったわけでもありません。
どちらもほぼ初学で、実務経験もほぼ無いので、イメージが全く持てないのは当然です。(自分で言うのもなんですが)

 

どんな資格でも、資格があれば仕事が保証されるわけではありません。
それぞれの仕事をする許可を得ただけ。スタート地点に立っただけに過ぎないのです。

 

私は他にも宅建やFP2級、エクステリアプランナーなどの資格を持っていますが、
・土地や建物の説明をしろと言われてもできません。
・ライフプランを立ててくれてと言われてもできません。
・庭を考えてくれと言われてもできません。
実務で経験を積まなければ、まったく役にたちません。

 

 

ドラゴンボールでたとえれば、
・カリン塔を登っても、カリン様から超聖水を取ろうとしなければ、本当の力はつかないように。
・長に長い蛇の道を通って界王星までたどり着いても、界王様にギャグを言わなければ修行をしてもらえないように。
(古いですかね?)

 

 

本当の戦いはそこからです。
そして、本当の戦いに必要なのは、『やる気』と『実戦』です。

 

だから、資格の勉強をするのは当然として、今の内から本番に向けた知識や素地を作っていくことが大切です。

 

『離婚や相続などの事例を研究すること』

 

『離婚経験者のためになることを探求し、このサイトで発信すること』

 

『家族を大切にし、家族の時間(=自分の幸せ)を最優先に行動すること』

 

 

これらを続けながら資格を取得したいと思います。

 

資格の先、私の「幸せ」を追求するために。

 

 

 

次の記事は・・・こちら

 

前回の記事はこちら

 

管理人がおススメする「離婚経験者にグッとくるおすすめ書籍等」はこちら

page top