夫婦カウンセラーおすすめ 夫婦問題、離婚問題に悩むあなたに読んでほしい本

夫婦カウンセラーおすすめ 夫婦問題、離婚問題に悩むあなたに読んでほしい本記事一覧

夫婦カウンセラー×行政書士のMです。今日ご紹介する本は『好きなことが天職になる心理学』です。好きなことが天職になる心理学【電子書籍】[ 中越裕史 ]価格:1100円 (2022/6/8時点)楽天で購入著者は、公認心理士の資格を持つ、心理カウンセラーの中越裕史さん「夫婦の問題と天職、関係あるの?」こう思われた方、いらっしゃると思います。でもこれ、関係あるんです。夫婦の問題に直面したときって、これまで...

夫婦カウンセラー×行政書士のMです。今日ご紹介する本は『私、夫が嫌いです』です。私、夫が嫌いです ~モラ夫バスターが教える“なぜかツライ”関係から抜け出す方法 [ 大貫 憲介 ]価格:1430円(税込、送料無料) (2022/5/26時点)楽天で購入著者は、離婚相談30年の実績を持つ、弁護士の大貫憲介さん男性のかたは、あまり読みたくないタイトルの本ですよね。。私も男なので、正直読み始めるには勇気が...

夫婦カウンセラー×行政書士のMです。今日ご紹介する本は『嫌われる勇気』です。嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え [ 岸見一郎 ]楽天で購入インパクトの強いタイトルなので、見かけた記憶がある方も多いのではないでしょうか?タイトルだけ見ると、「『嫌われること』は『良いこと』なの?」と思うかもしれません。でも、この本が伝えたいことは、結果的に正反対のことだったりします。職場や学校、そして家族...

言わずと知れたプロ野球の名選手、名監督だった野村克也さんの著書です。「野村ID野球」と称され、考える野球を飛躍的に発展させた日本球界の功労者。ヤクルトファンの私には神様のような存在でした。野村さんは、田舎の弱小高校から運よくプロテストに合格し、そこから地道な努力と知恵で球界を代表する選手にまで昇りつめました。『王や長嶋はヒマワリ。それに比べれば、私なんかは日本海の海辺に咲く月見草だ』という野村さん...

プロの編集者で、twitterで40,000以上のフォロワーがいる竹村俊助さんが、SNS時代の伝わる文章の書き方をつづった本です。ブログやSNSなどで、誰でも情報を発信できるようになりました。皆さんは、何かを発信をしているでしょうか?その発信は、目的のあるものでしょうか?「趣味の共有」や「友人とのコミュニケーション」としてではなく、人生を変えるための発信でしょうか?もし、人生を変えるために何かを発...

誰もが知る超有名ゆるキャラ「くまもん」の生みの親であり、数多くのデザインや企業等のブランディングを手がけるデザイナーの水野学さんの著書です。水野さんは周りの人からよく、「どうしたらセンスの良いものを生み出せるのか?」という類の質問を受けるそうです。「自分にもセンスがほしい」「いいアイディアが天から降りてきてほしい」といった願望も耳にするそうです。しかし、水野さんの考えは本のタイトルのとおり、「セン...

ホステス歴18年で3万人の男性に接客し、現在は恋婚活コンサルタントとして活躍されている嶋かおりさんの著書です。タイトルに「彼に、」とあるように、女性目線で、パートナーと本音のキャッチボールをする方法を紹介しています。・自分の意見を言うのが怖い・本音を言ったら嫌われるのでは・相手が何を考えているか、聞くのが怖いこのような悩みは、女性だけでなく、男性も同じように抱えています。特に離婚を経験した方は、新...

シングルファザーで心の病を持ちながら、3人の子供を育て会社を経営しているという、ちょっと信じられないような生活を送っている宮崎ひびさんの著書です。タイトルに「がんばらない」とあるように、がんばらない生き方、がんばらないための思考法を実践しています。ただし、この『がんばらない生き方』は、一般的に考える「頑張らない」≒「何もしない」とは全く違います。本を読む限り、宮崎さんは非常に頭がよく、そして、非常...

以前のブログにて紹介しました、共同養育を推進する一般社団法人りむすびの代表、しばはし聡子さんの著書です。離婚したら「ひとり親」が常識となっている日本。しかし、海外では離婚しても双方に親権があり、別れてもお互いが子供と関わっていくことが常識の国がたくさんあります。本書は、別れても二人で育てる『共同養育』の考え方、メリットなどがわかりやすく記載されています。また、しばはしさんご自身の離婚のことや、りむ...

この本では、男性の離婚経験者が、自身の離婚エピソードを語っています。インタビュアー(著者)は、ご自身も離婚経験者であるライターの稲田豊史さん。世の中の離婚エピソードは、大抵女性から発信されています。・なぜ離婚することになったのか。・相手とどんな生活をしていて、どんな気持ちだったか。・どんなに悩み、そして決断したか。・離婚後、人生をどのように歩んでいるのか。一方、男性の発信は、離婚した事実のみを語る...

『夢をかなえるゾウ』は、ドラマ化されたこともある超有名書籍なので、読んだことのある方も多いのではないかと思います。これまでシリーズとして1~4まで発刊されており、ゾウの神様、ガネーシャが人の夢を諦めてしまった人の元に現れ、様々な課題を出しながら夢をかなえる手助けをしていくというストーリーです。このシリーズの良いところは、自己啓発本でありながら、堅苦しさや難しさを感じさせないところだと思います。ガネ...

私が求める家族の幸せとはー。その答えの一つがこの本にありました。離婚経験者で子供がいる方。・再婚して子供ができた方。・親権者として子供を育てている方。・親権者ではなくなったが、子供と面会交流をしている方。・あるいは、これからの人生で子供が欲しい方。子供との関わり、幸せについて考えるヒントになる、とても良い本だと思います。作者の布施太郎さんは、元々は典型的な仕事人間で子供とほとんど関わってこなかった...

この書籍は、私が離婚をした頃に書店に平積みで置かれていました。私の離婚は、まさにこの本のタイトル通りの状況で、タイトルで即買いしました。自分は全く問題なく結婚生活を送れている。決して多くはないけど給料も稼いでるし、子供だって可愛がっている。もちろん暴力など振るっていない。それがなぜ離婚になるんだ。。?しかし、この本を読み始めてすぐ、心当たりがありすぎて、グサグサと刺さりました。今風の表現 『刺さっ...

夫婦の在り方、家族の在り方、幸せとは・・・離婚をした時から10年以上ずっと考え続け、再婚して子供を持ってようやく固まりつつある自分の中の「こうありたい!」それがこの本の中で見事に表現されていて、電車で読んでいた私は涙をこらえるのに必死でした。母子家庭で育った著者の高島大さんは、自分の半径5メートル以内の人を幸せにしたいと考えており、その妻への思い、娘への思いがとても温かい言葉で書かれています。どう...

page top