『ぼくたちの離婚』|夫婦カウンセラーおすすめ 夫婦問題、離婚問題に悩むあなたに読んでほしい本

男性側の本音が語られた貴重な1冊

この本では、男性の離婚経験者が、自身の離婚エピソードを語っています。
インタビュアー(著者)は、ご自身も離婚経験者であるライターの稲田豊史さん。

 

 

世の中の離婚エピソードは、大抵女性から発信されています。
・なぜ離婚することになったのか。
・相手とどんな生活をしていて、どんな気持ちだったか。
・どんなに悩み、そして決断したか。
・離婚後、人生をどのように歩んでいるのか。

 

 

一方、男性の発信は、離婚した事実のみを語るにとどまることが多いです。
離婚は、一般的に男性が加害者、女性が被害者であるパターンが多く、また、例え女性に非があった場合でも、離婚後の生活が苦しくなるのは大抵は女性のほうで、男性の発言は批判的に思われる可能性が高いことが、男性の発信を少なくしていると考えます。
実際私も、このホームページを立ち上げるまで、離婚した当時のことはできる限り話したくないと思っていました。
また、男性の友人、知り合いかから離婚の報告を受けたときも、ある程度のことは話しても、心の奥深くまでは話されないし、聞かない空気ができていました。

 

この本は、そんな男性側の本音を、女性からどう見られるかと言った忖度は一切なく、正直に綴られている、非常に貴重な1冊です。

 

登場した方々が語る様々な思いは、共感できるものもあれば、共感できないものもたくさんありました。
しかし、どの思いも、男はこういうこと考えるよなぁ。と納得いくもので、本当に正直に話しているなと思いました。

 

結婚相手、結婚生活に求めていたものと現実のギャップ。
結婚相手が変わっていくことへの違和感。
男の紛れもない本音が描かれています。

 

 

 

また、この本に登場した方々は皆、それぞれの結婚感や、幸せとはなんなのか、インタビューを通じて改めて考える機会になっていると感じました。

 

 

皆さんも離婚当時は自分のことで精いっぱいだったと思いますが、他の人のケースを知ることで、
ご自身の離婚の中に新たな発見、学びや、今後の人生に活かすべきものが見つかるかもしれません。

 

私は一つ、これからの結婚生活において、自分も、妻も、子供たちも、変化していくことを恐れず、楽しむ心を大事にしたいと、本を読んで改めて思いました。

 

 

 

 

【書籍版】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ぼくたちの離婚 (角川新書) [ 稲田 豊史 ]

価格:946円(税込、送料無料) (2020/11/13時点)

 

 

 

【電子書籍版】(本のテーマ上、電子書籍版の方が良いかと思います。)

 

 

 

 

次の記事はこちら

 

前回の記事はこちら

 

管理人が離婚を経て、これから大切にしたいことを書き綴る「幸せブログ」はこちら

人間にとって最大の不幸は、自分を好きになれないこと

人間にとって最大の不幸は、自分を好きになれないこと

page top