『センスは知識からはじまる』|夫婦カウンセラーおすすめ 夫婦問題、離婚問題に悩むあなたに読んでほしい本

幸せな生き方は学ぶことから生まれる

誰もが知る超有名ゆるキャラ「くまもん」の生みの親であり、数多くのデザインや企業等のブランディングを手がけるデザイナーの水野学さんの著書です。

 

水野さんは周りの人からよく、

 

「どうしたらセンスの良いものを生み出せるのか?」
という類の質問を受けるそうです。

 

「自分にもセンスがほしい」
「いいアイディアが天から降りてきてほしい」
といった願望も耳にするそうです。

 

しかし、水野さんの考えは本のタイトルのとおり、「センスは、才能ではなく、知識から生まれるもの」と考えています。

 

 

水野さんが考えたデザインには、感覚的で表現できないというものはなく、「なぜそのデザインにしたのか?」をすべて説明できるそうです。

 

例えば、くまもんのデザインにしても、

・熊のキャラクターを茶色ではなくなぜ黒色にしたのか?
・なぜあの表情にしたのか?

などなど、全てに根拠があるそうです。
 (くまもんの顔は、今の顔に決まる前になんと数千パターンを用意したそうです。。!)

 

 

良いデザインは、単発だけなら直感や運だけでも生まれるかもしれない。
しかし、良いものを継続して作り続けるためには、
・色に関する知識
・文字に関する知識
・言葉に関する知識
・歴史に関する知識
等々を学び、人々がどんなこと、ものが良いと思うのか、その引き出しを増やしていくことが絶対に必要だと水野さんは言います。

 

また、ある特定のものについて新商品を生み出したいときは、次の3つを確認するそうです。

・そのものの定番、標準はどんなものか?
・今流行っているものはどんなものか?
・定番と流行に共通することはないか?

 

センスの良いものを作るためには、まず標準という物差しをしっかりと手に入れること。
標準の物差しがあれば、標準からどれだけの振り幅をつけるかを調整していくことが可能になる。
と水野さんは言っています。

 

 

ここで、少し視点を変えて、生き方について考えてみましょう。

 

周りにいる人の中で、「センス」の良い生き方をしているなと感じたことってないですか?

 

あなたがセンスの良い生き方だと思う人はどんな人でしょうか?

 

仲間に囲まれて毎日のようにイベントを楽しんでいる人でしょうか?
仕事を生きがいとしてバリバリと働いている人でしょうか?
趣味が多くて悠々自適に暮らしている人でしょうか?
家族団欒を楽しんでいる人でしょうか?

 

 

どんな生き方にセンスを感じるかというのは、人それぞれだと思います。
・なぜその生き方にセンスを感じるのか。
・逆に、センスを感じない生き方はなぜ感じないのか。
・世の中の定番の生き方は。
・離婚後の定番の幸せな生き方は。
・戦前はどんな生き方だったか。
・江戸時代は、武士、農家、商人は。
・外国では。。。

 

ここまで追求する必要はないかもしれませんが、色々な生き方、幸せの感じ方を知識として身につけることで、自分の中に生き方の物差しができてきます。
そうすると、人生の分岐点に差し掛かるときに、自身にとっての幸せな道を選択していけるようになるのでは。
この本を読んでそう感じました。

 

センスというつかみどころのないものをわかりやすく教えてくれ、自分もこれから知識を磨けばセンスを身につけられると、自信を与えてくれる本です。

 

 

≪書籍版≫

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

センスは知識からはじまる [ 水野学 ]

価格:1540円(税込、送料無料) (2021/1/27時点)

 

 

 

 

≪電子書籍版≫

 

 

 

次の記事は・・・こちら

 

前回の記事はこちら

 

管理人が離婚を経て、これから大切にしたいことを書き綴る「幸せブログ」はこちら

page top