『成功する人は「何か」持っている』|夫婦カウンセラーおすすめ 夫婦問題、離婚問題に悩むあなたに読んでほしい本

努力は必ず報われる ただ、努力に即効性はない

言わずと知れたプロ野球の名選手、名監督だった野村克也さんの著書です。

 

「野村ID野球」と称され、考える野球を飛躍的に発展させた日本球界の功労者。
ヤクルトファンの私には神様のような存在でした。

 

野村さんは、田舎の弱小高校から運よくプロテストに合格し、そこから地道な努力と知恵で球界を代表する選手にまで昇りつめました。

 

『王や長嶋はヒマワリ。それに比べれば、私なんかは日本海の海辺に咲く月見草だ』
という野村さんの有名な発言があります。
書籍に書かれた野村さんの生い立ちや経歴を見ると、この言葉どおり、まったく日の目を浴びることのなかった少年時代だったようです。
そして、プロテストに合格した時も、プロ野球選手としての能力は非常に低いものだったと考えらえれます。

 

そんな野村さんがどうやって球界を代表する選手になったのか。

 

日の目を浴びず、環境に恵まれていなかっただけで、元々野村さんにはものすごい素質があったのかもしれません。
しかし、この書籍で野村さんが自分が成功した一番の秘訣だと言っていたもの。

 

それは、凡人の私たちにもできること。
『努力』です。

 

あまりにも平凡な答えでつまらないかもしれません。
しかし、これだけの実績を残した野村さんが言うと、大きな説得力があります。

 

この本に出てきた、『努力』についてのいくつかの言葉を紹介します。

 

努力は必ず報われる。ただ、努力に即効性はない。すぐに効果は表れないとわかっていれば、簡単に失望することはない。
努力を続けるのは難しい。しかし、皆ができないからこそ、これを続けることができれば、他の人たちより抜け出ることが出来る。
私が地道な努力をコツコツと続けている一方で、まわりの他の選手たちが、簡単に日々の鍛錬から挫折していった。

 

私は、『周りの他の選手たちが、簡単に日々の鍛錬から挫折していった』の言葉にドキッとしました。
野村さんが地道にコツコツと素振りや投手の研究などをしている時に、周りの選手たちは夜の街に繰り出したりして、勝手に落ちていったのだそうです。

 

このエピソード、いかがでしょうか?
ほとんどの方は、『日々の鍛錬から挫折した』側の経験をお持ちではないでしょうか。
人は心が弱い生き物なので、強い意志を持ったつもりでも、その意志が続かないことばかりです。

 

野球にしろ仕事にしろ勉強にしろ、当たり前のことをずっと続けられる人が頭一つ抜けていく。
野村さんは、目の前で堕落していく人を見てきたからこそ、監督として選手の成長性を見抜く目を養うことができたのかもしれません。

 

 

少し話が変わりますが、資格試験では、「合格率10%」とかよく難易度が出ています。
この難易度って、個人的には頭の良さよりも、『継続して勉強することの難しさ』だと考えています。

 

試験は頭の良さではなく、やるかやらないか。意志を持ち続けられた人だけが合格できるものと思います。
(中には、才能だけでさらっと合格する人もいるかもしれませんが)

 

これは、仕事でもそう。いくら頭が良くても、結果が残せない人はたくさんいます。
地道に努力を続けていて、やり遂げる意志を持っていて、熱量がある人は成功する確率が高い。
やはり、直向きな努力を続けるということが大切なんだと思います。

 

 

 

しかし、努力する中で、自分の限界に気づくこともあると思います。
そんな時に人は挫折してしまう。
しかし、野村さんは限界についてこんなことを書いていました。
そしてこのポイント、離婚や幸せにおいても非常に重要な考え方に感じました。

 

技術的限界は誰にでもあるものだ。それに落胆する必要はない。限界にぶつかったからこそ見えてくる、新たな可能性がそこにあるのだ。技術的限界はあるが、自分の可能性を探究することに限界はない。無限だ。
変えたことによってダメになった選手より、変えなかったことで消えていった選手の方が圧倒的に多い。
結果を残し続けている人や企業、ものなど、ほとんどのものは現場に立ち止まることなく、少しずつ変革を遂げることで成功をおさめているものだ。
結局、成長を阻んでいるのは、変化を受け入れない自分自身といえる。

これらの言葉を離婚と幸せに置き換えてみるといかがでしょうか。

・『夫婦生活には限界があったけど、自分の可能性を探求することに限界はない。』

・『離婚したことによってダメになった人より、離婚しなかったことで幸せにならなかった人のほうが圧倒的に多い』(※離婚やむなしの状況で、離婚するかしないかの選択をする場合の話です。)
・『幸せになっているほとんどの人は、少しずつ変革を遂げることで幸せになっているものだ。』
・『結局、幸せを阻んでいるのは、変化を受け入れない自分自身といえる。』

 

 

夫婦生活では、お互いを思い続ける努力が必要。
すぐに見返りを求めずにコツコツと積み上げていくことが大事です。
その中で、どうしても相手の望みに応えられない、自分の限界を感じることもあるでしょう。
その時に、代わりの方法などを追求すると、もっと良いものが見つかるかもしれない。
しかし、これらの努力をしてもどうしてもダメなときもある。。。

 

 

離婚は、『人生を幸せにするための変化』だと捉えられます。
この変化を活かして、幸せな人生を歩むための前向きな努力をしていきましょう。

 

 

今回ご紹介した以外にも、野村さんの人間らしく、この本にはとても説得力のある言葉がちりばめられています。
短めで読みやすいので、ぜひ読んでみてください。

 

 

最後に、離婚で辛い思いをしている方に向けて「あなたは決して一人ではない」ということを教えてくれる言葉を引用して終わります。

・見ていないようでいて、この広い社会には、必ずあなたのことを見ている人がいる。その人が、あなたの日々の努力、真摯な取り組み方に共感して、また困っている姿を見かねて手を差し伸べてくれることがあるのだ。それが縁であると、私は考えている。

 

 

 

≪書籍版≫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の記事は・・・作成中

 

前回の記事はこちら

 

管理人が離婚を経て、これから大切にしたいことを書き綴る「幸せブログ」はこちら

page top